f040c81ecb6e56348840dc9979debb23_s 

手提げカバンを持つ時、上の写真のように腕にかけていると、
肘を曲げた状態で負担が掛かってしまうので、肘が痛くなったり、
手がしびれたりする可能性があります。
また、カバンを持ち上げようと意識して、かけている側の肩に余計な力が入ると、
肩が凝ったり痛くなったりする可能性もあります。
 

手提げカバンを持つ時は、腕にかけないで手で持ち、
手首や肘は自然に伸ばして身体の横に下げます。
腕や肩に力を入れるのではなく、頭をつり上げられて身体が上に伸びたような
姿勢になるように意識するだけで、カバンは持ち上げられるので、
肘が痛くなったり、手がしびれたり、肩が凝ったりしにくくなります。
片側ばかりでなく左右均等になるよう、こまめに持ち替えるとより良いです。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などといって、何度も繰り返したりしていると、
気付いた時には症状が出ていたりします。
手提げカバンを持つ時には上記を参考にして、“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

・「腕や手のしびれについて

 
身体の歪みや手のしびれなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ