a8cda23425e592504484de452bbad5b4_s 0eabe8045a90b4391ba025a13c3c49c3_s

荷物を持つ時、左の写真のようにたくさんの荷物をまとめて片手で持っていると、
肘や手首を不自然に曲げた状態で負担が掛かってしまうので、肘や手首を痛める可能性があります。
また、このような持ち方をしていると、荷物を持ち上げようとして肩に余計な力が入ったり、
身体を反対側に傾けてしまうので、肩や腰が張ったり、痛くなったりする可能性もあります。
 

荷物を持つ時は、右の写真のように荷物を左右均等に分けて持ち、両手は身体の横に下げて
手首や肘を伸ばし、頭が上から引っ張られて身体が上に伸びた状態になるように意識すると、
手首や肘は痛めにくくなり、肩や腰も張ったり、痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だけ」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
荷物を持つ時は、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 

身体の歪み、肘や手首の痛みなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ