a0001_015464 a0001_015485

床に座る時、左の写真のように正座を崩したような座り方や右の写真のように横座りをしていると、
股関節や膝、足首を歪めてしまうので、O脚やX脚になったり、膝や足首に問題が起こる可能性があります。

床に座る(正②)

床に座る時は正座が理想的ですが、正座ができない場合は正座用の座椅子を使用したり、
上の写真のようにクッションや二つ折りにした座布団などを両足の間に挟んで正座すると、
足首や膝を歪めにくくなるので、O脚やX脚になったり、膝や足首に問題が起こりにくくなります。

 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
床に座る時は“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みやO脚・X脚などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ