dfdf5295ecd34a31e960ac3279f19506_s d577f75e214053aef209a5fd7a43b9d0_s

デスクワークをする時に、机とイスの高さが身体に合っていないと、
左の写真のように肩をすくめるようにして両腕を持ち上げたり、
右の写真のように両腕を机に乗せて上半身を支えたりするので、
肩が凝ってきたり痛くなってきたりします。
さらに肘や手首を余計に曲げたりもしてしまうので、
肘や手首が痛くなったりする可能性もあります。
 

デスクワークをする時の机とイスの高さは、イスに座って机やパソコンの上に
両手を楽に置いた時、肘が90°に曲がっているのが理想的です。
これに合わせて机とイスの高さを調整しておくと、
肩が凝ったり痛くなったり、肘や手首が痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などとしていると、
それが何度も積み重なった時に、気付いたら症状が出ていたりします。
デスクワークをする時には、“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや肩こりなどのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ