頭前傾 

イスなどに座ってスマートフォンを使う時、左の写真のように太ももに手を突いて上半身を支えていると、
アゴが上がりやすいので、頭の重さで首が圧迫されたり、頭と首の間が狭まってしまって、
首や頭が痛くなる可能性があります。
 

イスなどに座ってスマートフォンを使う時に太ももに手を突いて上半身を支えてしまいやすい人は、
右の写真のように顎関節(がくかんせつ:耳の穴から指一本分前+下で口を開けると凹む所)より上が
軽くうなずいた状態を保つように意識すると、首が痛くなったり、頭が痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、それが何度も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
イスなどに座ってスマートフォンを使う時には、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

 
身体の歪みや頭痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ