重い荷物(前・誤) 重い荷物(前・正)

スーツケースなどの大きい荷物を体の前で持ったまま立っていたり、歩いたりする時、
左の写真のように、腰を後ろに反らすようにして持っていると、腰が緊張したり圧迫されてしまい、
張ってきたり痛くなったりする可能性があります。
 

大きい荷物を体の前で持つ時には、頭が上からひもで吊るされているイメージで
頭の位置を高くすると、背筋や腕に力を入れなくても荷物を上に持ち上げられるので、
そのまま後方に体重をかけて身体全体を後ろに傾けるようにすると、
腰が張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
 
「ちょっとの間だから」とか「今回だけ」などと油断していると、それが何度も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
大きい荷物を体の前で持つ時には、上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 

(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。

  
身体の歪み、腰痛などのお悩みは、三軒茶屋・駒沢のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ