7026a723c13652494e8ec564925215b9_s 719415e8a2bf66fec15f2a02071016df_s

パソコンを使う時、左の写真のようにディスプレイに顔を
近づけていると、首や肩が凝ってきたり痛くなったり、
頭が痛くなったりする可能性があります。
 
右の写真のように座面に深く座り、背もたれに
背中を密着させて、キーボードに手を置いた時に
肘が90度位に曲がる位置にイスを前後へ移動します。
さらに、天井からひもでつり上げられているイメージで
頭の位置を高く保つように意識して、ノートパソコンなら
ディスプレイを垂直より少し後ろに傾け、デスクトップなら
ディスプレイが見やすい高さにくるように台を置くなどして
調整すると、ディスプレイに顔を近づけにくくなるので、
首や肩が凝ったり痛くなったり、頭が痛くなったりも
しにくくなります。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
ついディスプレイに顔を近づけてしまう人は、
上記を参考にして“毎回”気をつけましょう。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。
 
 
 
 
身体の歪み、頭痛や首の痛みのお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ