TAN_sofadePCwosawarudezaina-500-thumb-260xauto-1486

ローテーブルでパソコンを使う時、上の写真のように
ソファなどに座っていると、身体が前かがみになって
腰が曲がり、頭を前に突き出す姿勢になるので、
腰や首に負担が掛かり、張ったり痛くなったりする
可能性があります。
 
ローテーブルでパソコンを使う時には、床に座って
(※正座かあぐらが好ましい)テーブルの上に
手を置いた時、肘が90°位で自然に曲げておけるよう、
座布団やクッションなどで座る高さを調整しておくと
腰や首に負担が掛かりにくくなるので、
張ったり痛くなったりしにくくなります。
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら症状が出ていたりします。
ローテーブルでパソコンを使う時には、
上記を参考に“毎回”気をつけましょう。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。
 
 
 
 
身体の歪み、腰痛などのお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンター