CKL_nekorobu500

上の写真のように肘をついて寝転んでいると、手首や肘、
肩や首などに負担が掛かり、それぞれを歪めやすいので、
それに伴って手首や肘、肩や首が痛くなったり、
腕や手がしびれるようになったりする可能性があります。
 
寝転ぶ時には、程よい高さの枕やクッションなどを頭と首の
下に置き、頭と首をまっすぐになるように支えておくと、
手首や肘、肩や首を歪めにくくなるので、それに伴う痛みや
しびれも出にくくなります。
 
 
「ちょっとの間だけだから」とか「今回だけ」
などと言って、何度も繰り返したりしていると、
気付いた時には身体を歪めてしまったり、
症状が出てしまっていたりします。
寝転ぶ時には上記を参考にして、
“毎回”気をつけてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。
 
 
 
 
身体の歪み、肩こりなどのお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ