拾う(立・誤) 拾う(立・正)

床に落とした物を拾う時、左の写真のようにあまり膝を曲げず
おへその位置から身体を前に曲げると、あまり曲がらない
腰椎(ようつい)を無理に曲げることになり、腰を痛めてしまう
可能性があります。
 
床に落とした物を拾う時には右の写真のように、膝を軽く曲げ
股関節(そ径部)から身体を前に曲げるように意識すると、
腰椎を比較的まっすぐに保てるので、腰を痛めにくくなります。
 
膝に問題がないのであれば、しゃがんだ方がより良いです。
 
「今回だけだから」などと油断していると、
それが何回も積み重なった時に気付いたら、
症状が出ていたりします。
床に落とした物を拾う時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてください。
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。
 
 
 
身体の歪み、腰痛のお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ