起床(誤) 起床(正)

左の写真のように、ベッドや布団から身体を起こす時
おへその位置から身体を前に曲げて起こすと、
腰に負担がかかるので、腰を痛める可能性があります。
 
ベッドや布団から身体を起こす時は右の写真のように、
一度左右どちらかの肩が下になるように横向きになってから、
両手をついて腕の力で身体を起こすようにすると、
腰に負担が掛からないので、腰を痛めにくくなります。
仰向けから横向きになる時は、両膝を立ててから、
両膝を左右どちらかに倒すようにして横向きになると、
腰への負担はさらに軽減されます。
 
「今回だけだから」などといって何度も繰り返していると、
気付いた時には症状が出ていたりします。
ベッドや布団から身体を起こす時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「ぎっくり腰について
・「腰椎椎間板ヘルニアについて

 
 
 
 
身体の歪み、腰痛のお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ