PAK89_osyokujicyunodansei.500jpg AqH44oLutgBhEK01425869358_1425869364

左の写真のように足を組んで座っていると、骨盤が後ろに
傾きやすいので、背中は丸まってしまい、頭を前に突き出した
ような姿勢になり、背骨や骨盤を歪めてしまいます。
 
座る時には、右の写真のようにお腹を前に突き出すようにして
骨盤を垂直に起こす(腰を少し反らすようにする)と、
足を組みにくくなるので、背骨や骨盤は歪みにくくなります。
 
 
「そんなに長い時間じゃないから」とか「今回だけ」
などと言いながら、何度も繰り返したりしていると、
気付いた時には背骨や骨盤が歪んでしまっています。
座る時には上記を参考にして、“毎回”気をつけてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「背骨の歪みとその治療
・「骨盤の歪みについて

 
 
 
 
身体の歪み、腰痛などのお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ