cd9ded9bdb415f953f12760fbcf059b6_s 9eef4e46a51cd9330a50814a59eddf52_s

車を運転する時に、左の写真のようにシートを後ろに
倒しすぎていると、頭と首は前に行こうとして、
猫背のように背中が丸まってしまうので、
腰が張ったり痛くなったりする可能性があります。
 
右の写真のように、シートはできるだけ垂直に立て、
背中とお尻を密着させて座ります。
肘が軽く曲がる位置でハンドルを握り、
足はペダルに楽に届き、膝は腰より高くなるように
シートの位置を調整すると、腰が張ったり痛くなったり
しにくくなります。
 
 
横着して「そんなに長い時間じゃないから」とか
「今回だけだから」などとしていると、
それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
車を運転する時には、上記を参考にして
“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について
・「腰椎椎間板ヘルニアについて

 
 
 
 
身体の歪み、腰痛のお悩みは
世田谷区・三軒茶屋のカイロプラクティック
アールカイロプラクティックセンターへ