MOK_kyouheisu-isuasiwokumu500 a0002_002110

イスに座る時、左の写真のように足を開いて組んでいると、
骨盤や股関節、膝を歪ませてしまい、片側だけなら
内反膝(ないはんひざ)、両側なら“O脚”や“がに股”
になりやすく、膝や股関節が痛くなる可能性もあります。
 
右の写真のように、足をからませるようにして組んでいると、
骨盤や股関節、膝や足首を歪ませてしまい、片側だけなら
外反膝(がいはんひざ)、両側なら“X脚”や“内股”に
なりやすく、膝や股関節、足首が痛くなる可能性もあります。
 
イスに座る時には、足を組まないように意識すると、
骨盤や股関節、膝や足首を歪めにくくなるので、
“O脚”や“X脚”になったり、股関節や膝が痛くなったり
しにくくなります。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
座る時には、上記を参考に“毎回”気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。