0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s 220e2e0dfccf3f7405f44f153e107da7_s

歩く時に「足を動かそう」と意識していると、
左の写真のように頭や胴体よりも足が前に出るので、
腰は反ってしまい、上半身が後ろに傾きます。
この状態で歩いていると、腰に負担が掛かるので、
腰が張ってきたり痛くなってきたりする可能性があります。
 
歩く時には右の写真のように、まず頭と胴体を前に導き、
それに応じて足を動かすようにして、上半身が後ろに
傾かないように意識すると、腰が張ったり痛くなったり
しにくくなります。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら、症状が出ていたりします。
歩く時には、上記を参考にして“毎回”気をつけて
みてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。

・「緊張性(筋筋膜性)腰痛について
・「脊柱管狭窄症(腰部)について