132518c8229d0b3fa2246c9142da2da9_s e4fefc7970c121937b060b2eb82ec54c_s

バッグを肩に掛けて持つ時、荷物があまり重くない場合には、
左の写真のように上半身がバッグを持つ側に傾きやすく、
荷物が重い場合には、右の写真のように上半身がバッグを
持つ側と反対に傾きやすくなります。
上半身が傾くと、腰や首、肩の筋肉に負担が掛かるので
腰や首、肩が張ったり痛くなったり、身体を歪めてしまう
可能性があります。
 
バッグを肩に掛けて持つ時は、片側ばかりでなく、
左右均等にこまめに持ち替えるようにすると、
腰や首、肩が張ったり痛くなったり、身体を歪めたり
しにくくなります。
また、どちらか一方の肩にしか掛けられないという人は、
身体がすでに歪んでしまっていると考えられるので、
この場合は無理せず、リュックを利用するなどした方が
良いと思います。
 
 
「短い時間だから」とか「今回だけだから」などと
油断していると、それが何回も積み重なった時に、
気付いたら身体が歪んでいたり、症状が出ていたりします。
バッグを肩から掛けて持つ時には、上記を参考に
毎回気をつけてみてください。
 
 
 
 
 
(関連記事)こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックすると、リンク先のページが開きます。