持ち上げ動作(誤) 持ち上げ動作(正①)

重い物を持ち上げる時、左の写真のように膝が伸びた状態で
おへその位置から身体を前に曲げ、背筋を使って
持ち上げようとすると腰を痛める可能性があります。
 
まずは、右の写真のようにできるだけ持ち上げようとする物の
近くに立ち、膝を曲げて股関節(そ径部)から身体を前に
曲げるようにします。
持ち上げる時には背筋に力を入れず、後ろに体重をかけて
体重と釣り合いをとるようにして床から浮かせた後、
股関節と膝を伸ばすようにして持ち上げると腰を痛めにくく
なります。

 

持ち上げ動作(正②)

また、上の写真のように足先を外に向けて
できるだけ足を外に開き、腰はまっすぐに伸ばしたまま
持ち上げるようにしても、腰は痛めにくくなりますが、
股関節や膝に問題がある人には向きません。
 
 
 
 
 
 
〈関連記事〉こちらもあわせてご覧ください。
※タイトルをクリックするとリンク先のページが開きます。